We make sample

しばらく続く早朝からのパターン作りとサンプル製作。
随分と朝、晩は冷え込むカトマンドゥですが、頭も冴えて早朝からの製作が調子いい。

In Nepal

ナマステ🙏

インドでの布の買付け旅も終わり、無事にネパールに入国しております。

やはりネパールに入るとホッと一安心すると共にここから製作の日々が続くと思うと力が入ります。

カトマンドゥは周りにいる人々も温かく優しく穏やかで安心感がすごくあるんですよね。

それでもってご飯も美味しいです!

カトマンドゥの1月は朝晩とかなり冷え込みますが、日中は20°ぐらいと気温も高く寒暖差こそ激しいですが、とても過ごしやすいです。

今回の春夏コレクションはBLACK &BLOCK展と題しlinenとcottonの黒の生地とブロックプリントの生地を使ったコレクションにしようと思っております。今回は黒のlinen生地を100m織ってもらっていました。黒地とブロックプリント地以外の生地を使った商品も製作予定です。

come back to Delhi

デリーの街を好きじゃないという者は多い。
確かにそうかもしれない。
大気汚染や空気の悪さはとても深刻で、どこに行っても沢山の人々、車のクラクションの音は深夜まで止まない。日本人と見れば片言の日本語で声をかけてきて、ここといって特別に美味しい飲食店もない。
しかしここはインドの首都
久々にold Delhi周辺を散策してみることにした。
道を歩いていると1人の老人が路上にてとても状態の良いデッドストックのカディ生地を売っていた。
僕も道売りスタートの身だからこのような輩にはどこか贔屓してしまう自分がいる。
店構えは決して完璧とは言えないが、こういうところに宝物は眠っている。

SANGANER


block printの巨大産業の町サンガネール
ブロックプリント生地のほとんどがここで作られてると言ってもいいくらい工房や工場が密集してる地域だ。
お目当ての布はバグルー村にてコレクションできたので、久々にサンガネールのブロックプリント事情知るために工場の見学に行ってみることにした。
5年前に訪れた時よりもブロックプリント工場は少なくなったように感じられ、スクリーン(機械)プリントの工場が多くなったように思った。手作業でひとつひとつ仕上げるプリントはかかる時間や人件費、もちろん仕上がった布代も高くなるけれど、伝統工芸を続けていくのか、最新の技術を駆使し、人件費も抑え機会で素早くプリントし仕上がった布代も安いのを選ぶのか。この問題は布に限って言えることだけではない筈だ。どちらに投票し応援していきたいのかという問題のように思う。
ラジャンスターン州の更に西にあるグジャラート州にて織られた真っ白な大量の生地をサンガネールで染色、プリントされるのである。もの凄い量の布なので、染色に使う水の量も半端なく多い。近くを流れる川は土壌が崩れ、ごみがあふれ、化学物質が流出して水が黒くなっているところもあれば、白い膜が張っているところもある。その川にはもちろん染色した水も流れている。難しい問題ではあるが、巨大産業になるとうまくバランスを保つのも難しくもなるのだろう。
mahatmaとしてはやはり大量生産ではなく、小さいロッドでも受け入れてくれ、完璧までとは難しいかもしれないが、環境の事を頭に入れ、丁寧な仕事を長い目で継続できる工房との関係性が最も重要だと再確認できるサンガネールの旅だった。

Bagru

Jaipurから約30km離れた郊外にあるBagru村の中にあるTitanwala textile

Jaipur、Bagruには数えきれないほどのblock  printの工房があるのだが、ここの布たちは色の深みや発色の力強さなど他で見るブロックプリントの布たちとは風格が違うのだ。

そして機械では決して出せることのできない擦れ感や風合いが美しい

布に職人の魂と愛が備わっている。

今回も思っていた以上の素敵なブロックプリントにも出会えホッと一安心し、ずっと眺めている。

そして2年振りに会ったスーラジさんとディパックさんも元気そうでそれが何よりも嬉しかった。

昨夜デリーに無事到着

1月のデリーの朝晩は冷え込み決して美味しいとは程遠い排気ガスと様々な煙や香辛料が入り混じったニオイにインドに着地したことを思い知らせる。

飛行機内から見るインドの夕焼けは真っ赤で情熱的でドラマチック。毎度その美しさに見惚れてしまう程だ。

僕にとってインドとはfabric探しが一番の目的でもあるのだが、スパイスカレーブーム真っ只中の日本!カレーに関しても興味深い。

そしてインド人のデタラメの中にふと見える優しさが何よりも面白く魅力的なのかもしれない。思い通りににいかない事が多く、根本的な考えが日本人とは180度違うインド人。僕の人生の中でインドという国と出逢ったことはとても大きな財産だと思っている。そして僕は文化も宗教も違うこの国に戻ってくる度に思う。学びと修行をさせてもらっているんだと!今回も沢山の学びと出逢いがきっと待っていてくれるのだ!ただいまインド、そして今回もどうぞよろしくお願いします🙏

   寿

すっかり10日ほど経ってしまいましたが

新年、明けましておめでとうございます。

年が明けてインド行きの準備を整えてました。もうすぐの出発となりますが、13日にインドへと旅立ちます!

2020年も皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

今年もどこかでお会いした際には、どうぞよろしくお願いいたします☺︎

今年もありがとうございました

2019年も残り僅かとなりました。

久しぶりのブログ投稿になります。

今年も振り返ってみれば一年あっという間に過ぎ去っていました!

先日まで東京 東新宿にてvegan soy milk noodleを約4週間ほど提供させていただき、ランチタイムのみの限定数食のメニューでしたが、食べに来てくださった皆様ありがとうございました☺︎

僕自身veganの人間ではないのですが、ここ数年は益々食に対しての興味が増す一方でして、普段から動物性のものを使わない料理や愛を込められて作られた野菜の美味しさに感動しております。

そしてmahatmaとしても今年も沢山の方にお会いでき袖を通していただけたことに感謝しております。ありがとうございました!

来年からはよりライフスタイルに寄り添ったラフで機能性に富んだ、自分自身がほぼ毎日着ている鉄板アイテムをベースにストレスフリーな新作アイテムを製作していく予定です。4月の京都より展示、即売会がスタートとなります!

1月がスタートしたら早速インド出発となりますが、2020年も衣食と自分らしいスタイルを貫き精進していきますので、皆さまよろしくお願いいたします。

浅草寺さんにて今年は人生初となる大吉を引きました。

来年も健康で沢山の挑戦ができる一年でありますように!

皆さまよいお年を🎍